白髪はなぜ生えてくるのか?

ルプルプヘアカラートリートメントの詳細を見る。

白髪は老化すると出てくるものなのか?

医学の進歩は目覚ましく、一昔前には「死の病」といわれた結核で命を落とす人はほとんどいない状況です。
ガン細胞の研究も日々目覚ましい発表が続いています。

ところが、白髪のメカニズム・原因・改善などについての研究は遅れがちです。

やはり命に関わらない問題で、疾病でないものは研究が遅れてしまうのでしょう。
薄毛と同じ扱いなのです。

「白髪は老化すると出てくるもの」
そういう捕らえ方で、白髪を見つけても増えてきても対処しない人も多いです。

実際問題、見た目を本人が気にしなければなんら支障がないからです。
しかし、女性の場合「見た目」は非常に重要なフィクターです。

昔から女性に愛されてきた「椿油」のテカリは白髪を光線によって目立ちにくくさせ、黒髪に隠してセットさせる力を持っています。
女性には、白髪はやはり天敵だったのです。

見た目が気になる白髪には、頭皮と髪に天敵の一つの「ダメージ」を与えないヘアカラーが重要となります。
株式会社Jコンテンツから発売されているルプルプ頭皮ケア商品では、ルプルプ白髪用ヘアカラーが、頭皮と髪にダメージを与えない「ガゴメ昆布、フコイダン」という独自の成分を配合しています。

巷で口コミで話題になっているようです。
アンチエイジングと美容からも推薦できるルプルプ頭皮ケア商品です。

メラニンを作る力で左右される

マウスレベルではあるのですが、2009年6月には、東京医科歯科大や金沢大などの研究チームが白髪の原因についてアメリカの医学誌「セル」に発表をしました。

少しずつ原因追求をされる白髪なのですが、まだその全容は明らかになっていません。

昔は、遺伝的要素が大きいと考えられていました。
両親が白髪傾向ならば白髪になるとか、祖父のDNAを受け継ぐ等、実証もないことがまことしやかに伝わってきていました。

白髪とは、加齢によってメラニンを作る力がなくなった状態のまま髪が伸びてくることによってできるものです。
なぜ、メラニンを作る力がなくなってしまうのかを全面的に明確にできていないために、その解消方法もわからないままです。

しかし、統計的には30代後半からそれは始まり、やがて40代になると約半数の人には「メラニンを作る機能の低下」が見られるようになります。

髪の色を決定するものは「メラノサイト」なのですが、それを活動させるためには「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素が必須となります。
この「チロシナーゼ」は、人間の体の中に元々あるものなのですが、その「生まれつき持っている数」には個人差があります。
人体の細胞の数や臓器の種類などのように「決まっているもの」ではないのです。

この数によって「白髪の発生時期」が左右されると思われます。

「チロシナーゼ」が体の中にある生まれつきのものである以上、当然その減少速度は加齢と無関係ではありません。
ヒアルロン酸・コエンザイムQ10などと同じだと考えればよいでしょう。
その減少速度を少しでも緩やかにすれば白髪の発生は抑えられると考えられます。

つまり、身体全体の老化による細胞の減少が白髪の原因と考えるのが最も適切でしょう。